アメリカ カナダ 入国審査

「ミステリーがある。
カナダからアメリカに飛行機で入った旅行者が、
アメリカの空港に着いた時に入国審査を受けなかった、と言い張っている。
一方で、彼のパスポートにはアメリカの入国スタンプが確かに押されている。
さぁ、どういうことでしょうか?」

 

・・・何よ、その問題。
勉強会って言っていたのに、いきなりクイズ出してどうするのかなぁ。
何て答えようか、わたしは迷ってしまうじゃない。

 

「え〜と。VIPだからアメリカの入国審査は不要だった、とか?」

「いや、そうした特別ケースじゃない。
普通の方で、記憶喪失でも裏工作をした人でもないことが前提ね。
その日の朝、エアカナダに乗ってカナダからアメリカに来たばかりなんだ。
カナダの前にアメリカに滞在していたようなアメリカ再訪問者でもない。
さぁ、ちょっと難しいかな、旅子?」

 

 

 

 

「難しいわ!カナダでカナダ出国でしょ。アメリカに着いたらアメリカ入国審査でしょ。
アメリカの入国審査はアメリカの最初に着いた空港で行われるのがルールだから
やっぱりアメリカの空港でやっているはずだし。分からないよ、ケン」

 

「そうですよね!こんなマニアな問題、自分が経験しないと分かるはずないですよね!
アメリカとカナダは隣国同士で、それも先進国同士。
あまり難しく考えなくてもいい関係だから、そこには特別入国ルールが結ばれている」

 

「アメリカとカナダだけの特別入国ルール?」


「そう。カナダからアメリカへ飛行機で入国する場合、カナダの空港でアメリカの入国審査を受ける
イメージできるかい?カナダに居ながらにして、アメリカ入国してしまう感じだよ。
カナダの空港でチェックインし、次はカナダ出国審査かと思って歩いていくと、
アメリカの星条旗の元、アメリカの入国審査場にたどり着く。
カナダの出国審査は存在しない。
地理的にはカナダの空港内だから、誰もが不思議な感覚になるだろう?」

 

「それは不思議〜。カナダの空港から飛行機に乗る前に、空間ワープしてアメリカ入国済?
カナダ出国審査<アメリカ入国審査で、合理的に省略されるカナダ出国審査?
それで、アメリカの空港に着いたら何があるの?何もなし?」

 

「そう、何もない。国内線感覚で到着。荷物だけ受け取って出口だね」

 

話は分かるよ。アメリカ・カナダの特別入国ルールは分かった。
でも、なんでだろう?どうしてそんなことするの?
到着したアメリカの空港で普通に入国審査を受けちゃいけないの?
そう言いたげな表情をしていたのかな、わたし。
ケンがすかさず言葉を入れてくる。

 

「旅子、アメリカとカナダがそれでどんなメリットを得ているって聞きたいんでしょう?
そうだよ、何か道理があるからやっているはず。
単純なことでね、アメリカの入国審査場は常に混んでいるでしょ?
カナダで入国審査を済ませてしまえば、アメリカの空港での混雑は重ならない。
アメリカの空港での混雑が解消できてアメリカもカナダも互いにハッピーだ。
陸続きのカナダから来る人の大半は何も問題ないアメリカ人・カナダ人だし、
地理・文化的にも近いからアメリカ入国審査官をカナダに常駐させても苦ではない。
もちろん第三国の国籍者はいるが、全体数からすれば少数派だ」


ミステリーの答えは合理性だった。
そうね、ケンが教えてくれたそのアメリカ・カナダ特別入国ルールがあるから、
その方はカナダの出国空港で既にアメリカの入国審査を受けていた、ということ。
それはアメリカでは入国審査は受けないよね。カナダでもう終えているのだから。
アメリカ・カナダ特別入国ルールを教えてもらわなければ、
あるいは自分の実体験がなければ、なんか本当にミステリー。
知ってしまえば当然のことね。

 

ちょっと引っ掛け問題っぽかったけど、良い勉強になったよ、ケン!

 

東京アメリカ大使館 行き方

「toko、今お客さんから電話が入っていて、

東京のアメリカ大使館に行きたいんだけどどう行ったらいいか、って聞かれてるの。分かる?」

別の部署のコからヘルプをお願いされた。
ケンは外出でいなかったけど、それならわたしでも分かる。
電話に出て説明してあげようと思った。

「すいません、そちらのケンさんから地図や案内はもらっていたのですが家に置き忘れてしまいまして・・・」
そんな簡単な電話。
地下鉄の溜池山王駅ってことは分かっている方みたいで、今はそこにいるって言っている。

「13番出口ですよ。
そうです、そうです、駅についてからかなり歩く一番奥の出口です。
そこをあがってください。え?今、13番出口ですか。
あがったら上の高速が走っているのが見えますね?
そうです、右手の方向に歩いてください」

携帯電話だからちょっと声が途切れ気味だけど、でもちゃんと聞こえる。

「はい、最初の交差点まで来ましたか。
交差点を挟んで向こうにスターバックスが見えますよね?
見えますか、じゃ、その交差点を右です。右にまっすぐ行きましょう」

「そうです、歩いていると右に結構新しいビルがありますよね。
赤坂インターシティっていうモダンなビルですね。
道路の反対側にコンビニもありましたか?
はい、もうちょっと真っ直ぐ歩くと大使館が見えてきますよ」

「あっ、警察の方に声かけられたんですよね?
目の前にちょっと人が並んでるところ、ガードマンがいる門が見えましたか?
はい、そこです。そこで面接のアポイントの紙を見せて、ID代わりでパスポートを見せて入ってください。
面接はあまり心配しなくていいですから、流れるがままにしていればOKです。
お気をつけて、いいえ、どういたしまして」

それで電話は切って、わたしの電話誘導は終わった。
電話を取り付いだコが近寄ってきて、

「やるじゃーん、toko、なんか目隠ししても歩けるみたい?!」って言われた。

そうだよ、わたし、もう何十回も行ってるんだから。
ホントに目隠ししても歩けるかもしれない。
でもホントに目隠しして歩いたら警備の警察の人に怪しまれるよね!
あははっ!

 

 






Copyright (C) 2017 "トラベルメモ" All Rights Reserved.