パスポートカバー

「パスポートカバーなんて付けてるのって日本人ぐらいでしょ。

他の国の人たちがパスポートカバーを使っているところなんて見たことないわ」


昔からわたしは気になっていた。

ほら、空港の出入国審査場で「パスポートカバーを外してください」って書いてあるでしょう。

あんな親切な案内って日本だけだよね。


今のパスポートはバーコードがついていて機械で読み取りすることができる。

だからパスポートカバーなんて付けていたら肝心のバーコードが読み取れなくなっちゃってダメだよ。

 

 

パスポートの表紙ってちゃんと厚紙になっているから

別に折れるわけじゃないし、そんな毎日持っているものじゃないから

汚れるほどでもないでしょ、日本の出国や入国で毎日取らなくちゃいけないし、

海外で携帯しているわけじゃないのになんでパスポートカバーをしているのか、ホントわたしにはよく分からない。


2006年の3月に日本のパスポートがIC旅券に切り替わった。

この時、初めてIC旅券の現物を手にしたケンが驚きの声を上げたていたのを覚えている。


「ね、旅子!大したものだよ、外務省も。

見て、これ!パスポートの表紙の裏がデータ面じゃなくなっているもん。

これならここにパスポートケースつけてもデータ面は読み取れる。

日本の出入国でわざわざパスポートケースを取り外さなくてもいいんだよ」

 

確かにIC旅券はその通り。

パスポートカバーのかかる表紙の裏はただの紙で、

データ面は次のページから始まっているのでパスポートカバーはそのままでも良さそうだった。


「すごいね、ケン。これってパスポートの仕事に携わる人たちが不便さを感じていて、

そんな声が集まって実行したのかな。

毎日毎日パスポートのカバーを外せ、とか言うのも面倒だしね。


お役所とか官僚とか言われている人たちのそんな工夫、誰も気にすることなのかもしれないけど、

わたしたち旅行業界人ぐらいは気付いてもいのかも」

 

 

「小さな工夫だけどね。

それともIC旅券では技術上そうしないと作れない、とか別の理由からきているのかもしれないけどね」


物を大事にする日本人の文化かしら。

ひょっとしてこのIC旅券スタイルが世界の主流になって他国もマネをし、

他国の人たちもパスポートカバーをつける日がいつか来るのかもしれない。


・・・って一瞬感じたけど、やっぱりそんなのあり得ないよね。

パスポートカバーなんて日本人だけの発想でしょ?!

他国からするとヘンだな、と思うけど、それはそれで特徴がありわたしは面白いと思ったよ。

 

航空券 名前間違い

有楽町のJALプラザへ、STPCの受け取りのお使いに行った帰り道のこと。

お客さんへチケットデリバリーをしてきたというケンと帰り道が一緒になって

わたしたちは東京駅北口から丸の内へと歩いていた。

今日はJALプラザのカウンターで外国人の方がパスポートネームで

ファミリーネームとファーストネームが逆さになっているけど問題はないのか、

とJALに聞いていたよとケンに話すと、あの人は当たり前のような顔をして問題なかったろう?と言った。

 

 

いえいえ、JALプラザの女性の方はすごく丁寧に対応していて、

このままでは飛行機の乗れないから予約記録の中にメッセージを入れて

空港スタッフが混乱しないようにしておきます、と言って端末を叩いて

何かを入力していたの、と説明するとケンはおかしいな?という顔つきでわたしを見ていた。

航空券面のスペルとパスポートネームと同じにさせるって結構難しいことだよ。

日本人が日本人だけの予約をするのが多いこの国が特別さ、とケンが言う。


ケンは今まで色々なエアチケットを見たという。

その中にもヨーロッパ人たちのミドルネームを入れたり入れなかったりのことや、

スリランカ人の異常に長いファーストネームをどこで切っていいのか悩むとか、

インドネシア人にはそもそもファーストネームが存在しなくて

ファミリーネームしかない場合があるとか、

あとはありがちなのがファーストネームとファミリーネームが逆さになっていることとか、

スペルが1文字2文字違っているものとか、色々なパターンがあったそうだ。

だって自分と全く違うバックグラウンドや宗教を持っている人たち、

彼らの名前のスペルに秘められた文化の意味も分からないし、

スペルそのものに何か意思が入っているはずのものを僕たちは理解できる?

そして正確にそれをタイプできる?

わたしはやっぱり難しいと思う。要は本人確認できればいいんでしょ?

もしわたしが空港のエアラインスタッフだったら、チケットネームとパスポートを照らし合わせて

数文字のミススペルとか姓名が逆になっているとか、ミドルネームのありなしとか、

そんなのを問題にする気なんてないよ。


だろう旅子?そのJALプラザのスタッフがむきになって

ミススペルのフォローをしていたというのは日本人らしい美しい対応だけど、

そんなの大したことじゃないって。

一文字違うから搭乗拒否されたなんてこと聞いたことがないね。

全くの別人に席を譲るのを防ぐためなんだから、

落ち着いてみればチケット上のミススペルなんて問題になるはずないんだよね。

あの外国人、きっとブラジル系の人だと思うけど、

チケットネームのミススペルを気にしていたし、JALの人に助けられて嬉しそうな顔をしていた。

それはきっとアメリカ入国を心配したんじゃないかな?とケンに言われた。

大銀行の本店が建ち並ぶ丸の内を歩いて会社へ戻るところ。

皇居を訪れるのだろう外国人の姿をちらほら見かける。

 

 

ほら、ブラジルの人は日本との往復の際にアメリカを経由するし、

そこでは入国審査があり、トランジットビザも取らないといけない。

あれかなぁ、アメリカじゃブラジル人はいじめられるから

予約のネームとパスポートネームとビザネームが違うと

何か言われるんじゃないかと思って心配したのかなぁ、とケンがしゃべりかけてくる。

さすがだね、そうだったかもしれないよ、とわたしも同調した。

まぁ当の本人、空港のキャリアスタッフや入国審査官からしても

大した問題じゃないとは思うけど、日本人的な美しい心で

心配してあげていたJALプラザの人って素晴らしいとわたしは思った。

 

タクシー 海外出張

「海外出張に行く人たちに何かいい情報を伝えてあげたいんです。

海外航空券とか査証とか空港移動とか、そういうのはもうやっているけどね。

もっと地に降りた細かいやつ、そんなアドバイスをすればお客様も喜ぶと思うんです」

旅子がそう考えているのは前から知っていた。

 

 

でも彼女はもう基本的な渡航情報は案内できるし、

海外の空港もかなり実際に歩いたことがあるから話に説得力もあるし、

海外で生活していたことがある。

十分な知識も経験もあるんだ。


「で、旅子は次はどんな案内をしたい?

旅行のベーシックなことっていったら、どこで両替をしたら一番レートがいいとか?」

「それはもうやってます」

「貯まったマイレージのいい使い方?」

「それもやってますよ」

「中国のタクシーは英語通じないからメモ持って筆談しろとか?」

「してますって。やっぱりそういうことですよね。結構もうネタがなくて」

「そうかー。難しいよね、そういうことって。

ほら、自分ではよくやるけど他人には勧められないようなテクニックっていうか、クセもある。

海外のタクシーの選び方ひとつとってもそういうのってあるしね」

僕がそうぼやいたら、なんか旅子が「それだっ!」とばかり食らいついてきた。

「えっ!どんなことですかぁ!ちょっと教えてくださいよー」

「いや、細かい話だよ。良いかどうか分からないしね。

旅子さんは海外旅行中にタクシーに乗る時、タクシーを選んだりする?」


「んー。あまり選びませんよ。来たものに乗ります。

たまにハズレもあるけど気にしないかな」

「短距離ならいいけど、一時間くらい乗るときはハズレはイヤでしょ。

僕はタクシー待ちで自分の順番が来てタクシーが目の前にきたら

素早く車のキレイさとドライバーの人相を見渡すよ。

車がボロかったり、運ちゃんが怖そうだったら乗るのを止めて

タクシー待ちの列の最後にもう一回並び直す。

露骨かもしれないけど悪くない方法だよ。

長時間ドキドキしてタクシーに乗るよりは

何度でも海外のタクシーを見極めるほうがマシって思ってるからね」


「工夫してるのね。そういう情報っていいと思うよ!

なんか旅行のプロっぽくて、あっ、旅行会社なんだから

ホントに海外旅行のプロなんだけど、真似するかどうかはお客さんに任せるとして、

ひとつの参考情報としてはいいネタじゃない!」

 

 

「そう言ってもらえると嬉しいね。

ドイツでもBMWのロゴが入っているからって安心しないで

よーく車の中を見てみると明らかに古い車種とか、夜のアメリカじゃ運ちゃんの顔見て選んだし、

台湾でもTOYOTAやNISSANの新しい車に乗りたいってもんでしょ。

安心してどれでも乗れるのは日本ぐらいだった。

それでも運転が荒いタクシードライバーとかはいるけどね。

まぁ、小話として使ってみてよ」


海外のタクシーの選び方ってそんなやり方もあるんだ。

誰も初めての空港に降り立ったら心細いもの。海外であれば尚更だ。

だから、そんな細かいことでも話してあげたら

いつか本当に役立ててもらえるかもしれないな、って思った。

 






Copyright (C) 2017 "トラベルメモ" All Rights Reserved.