パスポートカバー

「パスポートカバーなんて付けてるのって日本人ぐらいでしょ。

他の国の人たちがパスポートカバーを使っているところなんて見たことないわ」


昔からわたしは気になっていた。

ほら、空港の出入国審査場で「パスポートカバーを外してください」って書いてあるでしょう。

あんな親切な案内って日本だけだよね。


今のパスポートはバーコードがついていて機械で読み取りすることができる。

だからパスポートカバーなんて付けていたら肝心のバーコードが読み取れなくなっちゃってダメだよ。

 

 

パスポートの表紙ってちゃんと厚紙になっているから

別に折れるわけじゃないし、そんな毎日持っているものじゃないから

汚れるほどでもないでしょ、日本の出国や入国で毎日取らなくちゃいけないし、

海外で携帯しているわけじゃないのになんでパスポートカバーをしているのか、ホントわたしにはよく分からない。


2006年の3月に日本のパスポートがIC旅券に切り替わった。

この時、初めてIC旅券の現物を手にしたケンが驚きの声を上げたていたのを覚えている。


「ね、旅子!大したものだよ、外務省も。

見て、これ!パスポートの表紙の裏がデータ面じゃなくなっているもん。

これならここにパスポートケースつけてもデータ面は読み取れる。

日本の出入国でわざわざパスポートケースを取り外さなくてもいいんだよ」

 

確かにIC旅券はその通り。

パスポートカバーのかかる表紙の裏はただの紙で、

データ面は次のページから始まっているのでパスポートカバーはそのままでも良さそうだった。


「すごいね、ケン。これってパスポートの仕事に携わる人たちが不便さを感じていて、

そんな声が集まって実行したのかな。

毎日毎日パスポートのカバーを外せ、とか言うのも面倒だしね。


お役所とか官僚とか言われている人たちのそんな工夫、誰も気にすることなのかもしれないけど、

わたしたち旅行業界人ぐらいは気付いてもいのかも」

 

 

「小さな工夫だけどね。

それともIC旅券では技術上そうしないと作れない、とか別の理由からきているのかもしれないけどね」


物を大事にする日本人の文化かしら。

ひょっとしてこのIC旅券スタイルが世界の主流になって他国もマネをし、

他国の人たちもパスポートカバーをつける日がいつか来るのかもしれない。


・・・って一瞬感じたけど、やっぱりそんなのあり得ないよね。

パスポートカバーなんて日本人だけの発想でしょ?!

他国からするとヘンだな、と思うけど、それはそれで特徴がありわたしは面白いと思ったよ。

 

非機械読み取り式旅券

THIS PASSPORT IS NOT MACHINE READBLE

この文字がキライ。


日本人で今、自分の日本パスポートで

アメリカに入国できないと思っている人なんて普通はいないだろう。

でもね、アメリカの様々な制度変更によって日本人のパスポートのほんの一部に

アメリカルールを満たしていないものがあって、その一部の該当者は

アメリカビザをとるかパスポートを取り直ししないとアメリカに入国できないんだ。


もっとも、それでアメリカビザを取る人なんていないから、

要は自分のパスポートを後進しないといけない人がいる。

しかも、その人たちはきっとそんなルールが存在しているのを知らない。

いざ空港で飛行機に乗ろうとしたときに判明して搭乗拒否にあうのが最悪のケースなんだ。


難しいルールは今話すつもりはないよ。

アメリカビザの制度変更を見てくれれば分かる。

とにかく、非機械読み取り式旅券の持ち主は

パスポートを再申請しないとアメリカに入れないんだ。

この前もあったのは元アメリカ駐在員の奥様で、

アメリカの日本領事館でパスポートを発行していたケース。


口頭でパスポート番号を教えてもらうとTZっていうから、

まぁ海外発行はよくあることだし、大半はMRP(機械読み取り式)

だからいいと思ってたけど、よくよく聞いてみると非MRPで、もうアメリカビザも切れている。

これはダメだ、例外パターンの取り直しが必要な人だって分かったら焦って案内して、

なんとか出発前日に新しいパスポートが手に入るように

すぐ旅券センターへ申請しに行ってもらった。


このケース。海外駐在していた人が海外で切り替えたパスポートの一部は非MRPだし、

駐在していなくても海外でパスポートをなくして再発行した人の一部は非MRPなんだ。

この非MRPパスポートの持ち主だけが、そのままじゃアメリカ入国できない人たち。

こんなの本人たちもきっと知らないよ。


THIS PASSPORT IS NOT MACHINE READBLE

非機械読み取り式旅券にはそうはっきりと書いてる。

だから、わたしはこの文字がキライだ。

 

パスポート 海外発行

信じられないものを目にした。

TEから始まる番号のパスポートなのに、なんと海外発行。

TZじゃないのに、海外発行のパスポートもあったんだ。

そのパスポートに目をやると発行地にLONDONとある。

この前、tokoにTZ/MZのパスポート発行地のことを話したばかりなのに、

そのルールから飛び出しているものがあるなんて。

ロンドン発行のTEを見つけてからわたしは色々調べて見た。

するとどうやら例外はロンドンのTEだけだということが分かってきた。

他のエージェントの知りたいに聞くと知っている人もいれば、まったく知らない人もいる。

現在存在するその例外のパスポートなんてすごく希らしい。


まとめよう。

今は違うよ、でも2000年前後にロンドンの日本大使館で発行されたパスポートが

TEから始まる番号のものがあって、しかももうTEパスポートは失効しているものなのに、

2010年ぐらいまで有効なパスポートがある。

大半は機械読み取り式パスポートだからアメリカ入国も問題ないけど、

逐一見てゆかないと読み取り式かどうかは分からない。

TEで始まって有効なパスポートはロンドン発行なんだろうってことも

疑ってかからないといけないようなのだ。

――さぁ、このことをどうやってtokoに説明しよう。

別に悪びれることもないけど、先輩の見栄っていうか、やっぱり今知った、とは言えないもんね。

昔から知っていたような話にどうやってもってゆこうかな。

 






Copyright (C) 2017 "トラベルメモ" All Rights Reserved.