JAL格安航空券

現地現物。

あれは2005年にOPENした中部国際空港セントレアを見に行こうと

研修ツアーを組んでJALのエージェントディスカウント航空券を使った時のこと。

せっかくだから色々な空港を体験しようと羽田から福岡に飛び、福岡から中部国際空港にフライトした。

 

 

だって羽田から中部へは距離が近過ぎて飛行機は飛んでいないから。

セントレアの1フロアーにまとまった国内線・国際線チェックインカウンターを見学して、

お店やレストランが並ぶちょうちん横丁やレンガ通りを歩き、

それから出発ゲートの各航空会社のラウンジに入れてもらった。

それで中部から名古屋へと続く名鉄特急に乗って帰るとき、ケンとJALの格安航空券の話になったんだ。


「旅子はお客さんからJALの格安航空券を取ってくれって言われたらどうする?

あ、もちろん海外のことだよ」

それは困った。だって国際航空券でJALの格安チケットなんて聞いたことないもん。

あのね、格安航空券って旅行会社の人たちとってはちゃんと意味があって、

ゾーンペックスっていう航空会社が公に出している世紀割引運賃ではなく、

いわゆる一般市場で売られている値段優先のよく分からない航空券のことなの。

それって元々は団体旅行で使うため航空会社から大量に仕入れたチケットを

安くバラ売りしているもので、正体が不明なの。

よく分からないけど、ただ安い。取りづらいけど取れたらちゃんと乗れるし、

変更とか払い戻しができなくても料金はお得。

全ての旅行会社が格安航空券を取り扱っているわけではなくて、

そういうところに特化しているトラベルエージェントが強いから、

ウチみたいな大企業の子会社で、海外出張手配が主業務のインハウスエージェントには手が出せない。


「ええと、ね。JALの格安って存在しないし、別にエアオンで取れってことでもないし、要は料金でしょ。

エコノミーセーバーの早割りで案内するよ」

そう答えるとケンは頷いて話してくれた。

「そうですよね、エコノミーセーバーの14日前なり

21日前なりの早割が一番安いってことになるよね。

以前はそうでもなかったけど、最近は他社のエアオンと並ぶような

低料金のチケットがゾーンペックスでも設定されているんだ」

「なんかJALとかANAとか日系の航空会社は

団体旅行航空券のバラ売りのエアオンってイヤがっているでしょう?

できる限り出さないようにして早割りを買わせようとしてるって聞いたよ」

「そう、そう。チケットの条件が良く分からないエアオンより、

航空会社がルールを定めた早割りをメインにすることで低料金の顧客を透明化させたかったらしい。

それからネットを通じたホームページの直販も普及させて

旅行会社へのコミッションを削減したかったみたいだね」

 

 

「そう聞くよ〜。やっぱりJALとかANAって格安航空券ってないんだ〜」

「ほとんどないよ。でもまだほんの一部、マニラ線とか中国線とかは

微妙に残っているところがあるけどね。

それも時間の問題で消滅してゆくだろうよ。

JALとかANAだけじゃなく、他の外資系航空会社も同様にAPEX、

正規早割り航空券を売り出しているんだ。

直売と格安航空券の衰退は視野に入っている。

旅行会社がコントロールする格安航空券もゼロにはならないだろうけど、

いずれは航空会社が自分でコントロールする正規割引運賃が中心になってゆく」


「そうね。そんな旅行業界の内部事情はさておいて、

お客さんは要は安いエアチケットが欲しいのだから。

早く予約してくれて早期購入だから早く日程を決めてくれるといいんだけどね。

難しいかな?」

名古屋駅前に近付いてくるとトヨタ自動車の入っているミッドランドスクウェアや

マリオットホテルや高島屋のある超高層の駅ビルが見えてきた。

今日は移動ばかりで疲れたわ。あとはのぞみで品川駅まで戻って終わり。

JAL格安航空券なんてものに横道したけど、これも旅行中のひとつの出会いね。

変わってゆく世の中の状況に合わせて、わたし自身も変わってゆきたいって願うの。

ANA インターネット予約割引航空券

ANAのインターネット予約割引航空券を検証してこい、とボスに言われて、僕は旅に出ている。

どうも疑り深い僕のボス、インターネット予約割引航空券なんだから安かろう悪かろうなんだ、と決めつけて、

僕をモルモット代わりに試そうとするのだから。

ANAさんの安心感だから、インターネット予約割引航空券でも普通の航空券でもサービスは同じですよ、

と食い下がる僕の意見なんか聞こうとせず、とにかく自分で実験してこい、と。

でも僕は知っていたよ、ANAのインターネット予約割引航空券に何らサービス上のマイナス点がないことを。

ANAは信頼の翼、別にインターネット予約割引航空券だからって、3列席の真ん中席を強制されることもなければ、

機内の一番後ろの席に押し込められることなんてない。

食事が一番最後に出てくるとか、オーバーブッキングで次の便にまわされるなんてこともないんだよ。


まぁ何を言っても頑固な僕のボスには通用しないから、身をもって旅をして、その実体験レポートを書いて、

ANAのインターネット予約割引航空券に何のサービス上のデメリットがないことを証明してみせようじゃないか。

 

航空会社 オンライン予約割引

航空会社としてオンライン予約割引に踏み切るか、ここが分岐点だ。

社内の調査部から上がってくる情報を見ると、到底オンライン予約割引に先はない。


だって、10−20年後の高齢化社会では、

オンラインサービスよりもソフトサービスが重要だ、という結論になっていて、

それってやっぱり旅行代理店や、航空会社の窓口サービスの重要性が強調されているから。


一方で航空会社の営業マンとして、取引先の企業やお得意様の話を聞いていると、

やっぱり航空会社のオンライン予約割引航空券を要望する声が多いのが実態。


オフライン予約サービスと、オンライン予約割引。

私の判断が航空会社の未来の分岐点であることは分かっている、

そこで私はオンライン予約割引を推し進めることを決断した。


オンライン割引を求める声が、未来永劫衰えることはないだろう、

いくら温かい人のサービスが大切だという商売の基本はあるにせよ、時代が逆戻りすることはない。


オンライン予約割引の航空会社こそが、未来の姿だと信じて。

 

 






Copyright (C) 2017 "トラベルメモ" All Rights Reserved.