パスポートカバー

「パスポートカバーなんて付けてるのって日本人ぐらいでしょ。

他の国の人たちがパスポートカバーを使っているところなんて見たことないわ」


昔からわたしは気になっていた。

ほら、空港の出入国審査場で「パスポートカバーを外してください」って書いてあるでしょう。

あんな親切な案内って日本だけだよね。


今のパスポートはバーコードがついていて機械で読み取りすることができる。

だからパスポートカバーなんて付けていたら肝心のバーコードが読み取れなくなっちゃってダメだよ。

 

 

パスポートの表紙ってちゃんと厚紙になっているから

別に折れるわけじゃないし、そんな毎日持っているものじゃないから

汚れるほどでもないでしょ、日本の出国や入国で毎日取らなくちゃいけないし、

海外で携帯しているわけじゃないのになんでパスポートカバーをしているのか、ホントわたしにはよく分からない。


2006年の3月に日本のパスポートがIC旅券に切り替わった。

この時、初めてIC旅券の現物を手にしたケンが驚きの声を上げたていたのを覚えている。


「ね、旅子!大したものだよ、外務省も。

見て、これ!パスポートの表紙の裏がデータ面じゃなくなっているもん。

これならここにパスポートケースつけてもデータ面は読み取れる。

日本の出入国でわざわざパスポートケースを取り外さなくてもいいんだよ」

 

確かにIC旅券はその通り。

パスポートカバーのかかる表紙の裏はただの紙で、

データ面は次のページから始まっているのでパスポートカバーはそのままでも良さそうだった。


「すごいね、ケン。これってパスポートの仕事に携わる人たちが不便さを感じていて、

そんな声が集まって実行したのかな。

毎日毎日パスポートのカバーを外せ、とか言うのも面倒だしね。


お役所とか官僚とか言われている人たちのそんな工夫、誰も気にすることなのかもしれないけど、

わたしたち旅行業界人ぐらいは気付いてもいのかも」

 

 

「小さな工夫だけどね。

それともIC旅券では技術上そうしないと作れない、とか別の理由からきているのかもしれないけどね」


物を大事にする日本人の文化かしら。

ひょっとしてこのIC旅券スタイルが世界の主流になって他国もマネをし、

他国の人たちもパスポートカバーをつける日がいつか来るのかもしれない。


・・・って一瞬感じたけど、やっぱりそんなのあり得ないよね。

パスポートカバーなんて日本人だけの発想でしょ?!

他国からするとヘンだな、と思うけど、それはそれで特徴がありわたしは面白いと思ったよ。

 

日本パスポートカバー

パスポートカバーに雅な和柄をあしらう、海外で驚かれ、賞賛される日本の美。

 

本当はね、パスポートの表紙か裏表紙に、「矢がすり」や「唐草模様」などの

伝統的な和柄デザインを施して欲しい、というのが個人的な希望ではあるのだけど。


各国とも、パスポートのデザインは地味で、いかにも面白さがない。

ましてや日本のパスポートは単調も単調、シンプルisザbest!と悟りきったようなもの。

でもね、パスポートのカバーにあっと驚く日本の美を施すなんてお洒落じゃない?!

 

パスポートの表紙そのものに歌舞いたデザインを採用するなんて、公の機関の発想にはない。

それぐらいわたしだって分かっているから、パスポートカバーに目を付けたんじゃないか。

パスポートカバーなら個人の趣味で自由に選び替えできるし、手軽で安価だ。


だからわたしのパスポートカバーは、その種のcoolなジャパニーズクラシックデザイン。

春の海外旅行には桜満開のパスポートカバーを、秋なら紅葉全開のパスポートカバー。

四季に合わせたパスポートカバーも素敵だし、先人たちが紡いできた和様の柄ものだってある。

思い切って仏像をメインに置いたパスポートカバーだって、富士山の写真のパスポートカバーも。

 

海外旅行中に、その国の国民であることを示すのがパスポート。

それを守るパスポートカバーなんだから、もっと個性があってもいい。


侍と鶴、寿司とモノ作り技術、アニメと過労死。

そんな日本ならではのものを、パスポートカバーに飾らせて、あなたは海外旅行したくない?

 

薄いパスポートカバー

パスポートカバーは、海外での唯一の身分証明書・パスポートをガードする大切な守り人。

海外でも日本でも、入国審査や空港のチェックイン時には、パスポートカバーを外せ、

と言われ続けるのが、どうも納得できなくて、パスポートってもっと大切に保護すべきものでしょ。
日本の町工場の技術力を見せてやる!と、ウチの工場で薄くて丈夫なパスポートカバーを開発してみた。

 

航空会社スタッフに、「パスポートカバーを外してもらわないと機械で読み取りできない」と

チクチク言われなくても良いパスポートカバーを、イチイチ外す+付けるをしなくてもいいように。


パスポートにあるバーコードを、機械でデータスキャンする際に、邪魔にならないようなパスポートカバー。

航空会社もそうだけど、出入国審査官が使っているバーコードリーダーを見事突破できるように。


こうして出来上がったウチの工場のパスポートカバーは、基本的な条件を軒並みクリアしている。

どんなバーコードリーダーの障害にはならず、いちいち取り外す手間いらず。

そのくせ薄くて頑丈なパスポートカバーだから、海外旅行中のドタバタでもダメージを負うこともない。

いつでもピカピカのパスポートカバー、まるで新札がいつでも財布に入っているように。

 

パスポートを後生大事にするなんて、島国で海外旅行にハードルを感じている日本人だけかな?

と思っていたら、案外、ウチのパスポートカバーは世界各国にも受け入れられるようになった。

誰だって自分の身分を証明してくれる大事なパスポートを、大切にしたいと思っていたんだ。


この薄いパスポートカバーは世界的なヒット商品になるかもしれない!

そう信じたウチの工場は、より品質向上させ、世界一のパスポートカバーを創るべく、日々精進している。

 

 




1


Copyright (C) 2017 "トラベルメモ" All Rights Reserved.